TOPページ2011年売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー

実店舗の小売販促、ネットビジネス、ネットショップ、ドロップシッピングに強い!一足先にアクションが取れる「未来予測型カレンダー!」

もうキャッチコピーと販促企画で悩まない!

 

 今年で販売4年目を迎える竹内謙礼の「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」。おかげさまで年々、販売部数を伸ばしていき、今では企業や商工会議所等から、新年の販促企画を予測するセミナーや講演会に呼ばれる機会も増えて、「来年のことは竹内謙礼に聞け!」と言われるほどのポジショニングを作ることができました。
 最初はデータ収集や情報収集に戸惑っていたカレンダー作りも、4年目にして、だいぶコツをつかめてきており、過去の販促データや蓄積した情報もだいぶ充実してきたこともあり、予測の精度は昨年にも増して鋭くなっていることは確かです。

 2011年は、景気の低迷もひと段落して、販促企画とキャッチコピーをフル活用させていく年になると思います。
 また、低迷するネットビジネスに関しても、グーグルとヤフーの提携に見るように、大きな転換期を迎えており、ここで大きな方向転換を図らなければ、大打撃を受ける可能性もでてきてしまいます。

本年度の「売れる販促企画とキャッチコピーカレンダー」では、2011年の売上アップに必要なキャッチコピーと企画作りだけでなく、より具体的な販促情報も盛りだくさんで紹介させていただきました。
また、過去20年前のデータまでさかのぼり、「ヒット商品ベスト30」を検証し、本年度のヒット企画を予測するという、新しい試みにもチャレンジしてみました。日経MJを初めとした流通関係の独自ルート情報を収集して、「どうしたら商品が売れるか?」ということが徹底的に先読みできるカレンダーに仕上がりました。
 1年間の事業の流れが予測できるだけでなく、2ヶ月見開きのカレンダーなので、販促企画やキャッチコピー作りに出遅れることは絶対にありません。

「もう、商品が売れない現実から、逃げたりはしない」

 そういうポジティブな気持ちを持った経営者やサラリーマン、ショップオーナーに向けたカレンダーです。

2010年「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」で売上アップ事例続々!

アルバイトまでもが率先して販促企画を考えるようになりました。

鍛冶屋トヨクニ

濱口 誠様

http://www.toyokuni.net/

初めてこの販促カレンダーを購入して、3ヶ月後にはスタッフ自ら企画を立てるようになり、自主的に動いてくれるようになったのには驚きました。そして、いままで後手後手に回っていた企画、商品選択、価格決定、在庫処理、写真取り、ページアップ、メルマガ制作など、たくさんの業務がとてもスムーズに運ぶようになりました。
もちろん、常に売れる企画ばかりとは限りませんが、毎月新しいアクションが販促企画やホームページに反映することができるので、刺激を受けながらカレンダーを使わせてもらっています(お陰さまで9月の連休は後半よく売れました)。今では年末シーズンになると、スタッフから、「来年の販促カレンダーを早く買ってください!」ってせがまれています(笑)。
その月、そのシーズンの目的がはっきり書き込まれているので、社内の販促会議もスムーズに進み、企画を立てやすいということでスタッフ全員が重宝しています。

忙しい飲食店さんでも売れるキャッチと企画を見逃しません!

ラーメンしょうや

横田千佳子様

http://www.shouya.info/

カレンダーを購入したきっかけは、二ヶ月先のイベントがひと目で分かって、企画がたてやすそうなカレンダーだったからです。実際にデザートの新商品を試食してもらう機会として、「こどもの日」や「敬老の日」などを狙ってイベントを考えて、プチデザートをプレゼントしたところ、その後の注文につながりました。今までこれといった販促企画はやってこなかったんですけど、このカレンダーのおかげで、初心者の私でもイベントを成功させることができました。このカレンダーはお店のインテリアを乱さないデザインがとてもいいので、店内でも飾ることができるので嬉しいです。情報も満載で、いちいち自分で調べなくても、知りたい情報が一目でわかるから、忙しい飲食店の人には最適です。

おかげ様で、客単価が予想より大幅に上がりました!

神戸ゆびわ物語

中島孝氏様

http://kobe-ring.com/

カレンダーを購入したのは2年前からです。片っ端から竹内先生の書籍を読み漁り、ホームページのリニューアルを含めて、商売繁盛のいろいろなアイデアやヒント探しのためにカレンダーも購入した次第です。竹内さんの指導を受けながら、新規ビジネスとして、若い年代のカップルが中心顧客になるオーダーメイドの指輪製造の店舗をスタートさせましたが、はじめてみるとブライダル中心となり、客短単価が予想より大幅に高くなりました。また、来店も土・日・祝日だけでなく平日の利用が多いことも嬉しい誤算でした。お客様はホームページをご覧になって、いきなり製作の予約(購入)をされます。売り込みの営業をしなくても良いのでストレスもありません。これからカレンダーを買う人は、「タケウチ商売繁盛研究会」へ入会し、竹内先生の書籍は7冊以上精読し出来る限り先生のセミナーにも出席されることをお勧めします。自分だけの勝手な思い込みを正しく厳しく諭してくれますよ。

 

他にも「私がこのカレンダーをお勧めします!」

2011年はキーワード広告とSEOの激動の年!

キーワードマーケティング研究所

滝井秀典さん

http://www.niche-marketing.jp/

(コンサルタント/『1億稼ぐ検索キーワードの見つけ方』著書)

2011年のネット業界のキーは、やはりグーグルとヤフーの提携です。さらに進化するグーグルにどのように業務を対応させていくか、ここがネット販促のポイントになっていくと思います。最新のキーワード広告の情報と、今後のネットビジネスの業務のあり方について、5年先、10年先を見据えたビジネスプランを、今年も徹底アドバイスさせて頂きます。

今年はドロップシッピングとアフィリエイトの最新情報を強化

株式会社もしも

実藤裕史さん

http://www.moshimo.com/

(経営者/日本最大級のドロップシッピングサービス提供会社)

2011年の販促カレンダーは、竹内さんにお願いして、ドロップシッピングやアフィリエイトに役立つ販促情報と売れ筋商品について、昨年以上に情報を盛り込んでもらいました。また2011年度のドロップシッピングの動向や今後の展開についてもまとめてもらっているので、まさに販促の際に手放せないカレンダーに仕上がっています。当社の営業や仕入れ担当者も活用している、まさに販促担当者必須のカレンダーといってもいいと思います。

マスコミや商工会議所でも話題に!

BIG tomorrow 2009年1月号

BIG tomorrow 2009年1月号
「2009年ネット大予測」

 

大阪商工会議所「ザ・ビジネスモール」にて

大阪商工会議所「ザ・ビジネスモール」にて
「2009年売上UPの為のビジネスヒント」インタビュー


「2010年成功するビジネスの作り方」セミナー開催

「2009年成功するビジネスの作り方」セミナー

 

2011年「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」の特徴

1年間12ヶ月の「売れる企画」がすべて分かる!

1月〜12月までの販促企画を網羅。売上に直結しない販促企画は全て省き、イベントが立てやすく、なおかつ集客力が高いと思われる「売れる企画」だけに絞り込んでいるので、無駄な表示は一切ありません。「お客がドカンとやってくる売れる企画の作り方」の著者でもあり、日経MJ連載の「売れる企画 成功の方程式」の執筆者でもある、竹内謙礼だけにしか作れないオリジナルカレンダーです。

各月の販促企画作りのピンポイントアドバイス。

カレンダーの冒頭では「今月の企画立案と企画実行の注意点」をアドバイス。その月のイベント戦略での傾向や対策、落とし穴的な注意点まで実践的な指導を掲載。

各月の「売れるキャッチコピー」をベスト3を紹介。

「今月の使える販促企画キャッチコピー」と題して、3つの自信作キャッチを紹介。企画を考える上でのヒントにもなるし、時間がないときの即効制作キャッチとしても活用可能。

キャッチコピー作りで困った時のヒントがズラリ!

企画作りにおけるキャッチコピーの作り方のコツも指導。3万部突破のベストセラー「売上がドカンと上がるキャッチコピーの作り方」のノウハウが詰まった、スタッフのスキルアップにもつながるカレンダーです。

企画の立案、企画スタート時期も掲載。

企画の開催日よりも、企画の立案、セールススタート時期が分からないと意味がありません。この「企画を考え始める時期」が分かるのが、「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」の特徴でもあります。特に仕事が混乱する年末に向けてのスケジュール提案は、絶妙な仕上がりになっています。

毎年、予想をドンピシャで当てる!
2011年ならではの特別イベントも網羅

昨年は地域密着型イベントやドライブ関連の商材のブレイクを的確に予測。またバレンタインやホワイトデーの販促企画の提案も的中させて、販促イベントに便乗するカレンダーの役割りを見事に果たしました。実店舗からネットショップ運営者、副業、ドロップシッピング等、多くの販促現場で携わる人が役に立つカレンダーであることは間違いありません。細かい販促手法や傾向に関しては、カレンダーに記載されているアドバイス以外にも、特典のCDでしっかり聴講することが可能です。


大型カレンダーだからスタッフ全員で情報共有が可能

あえて壁掛けサイズのカレンダーにしたので、情報の共有化が可能。卓上カレンダーと違い、スタッフ全員で時間の先読みができるので、会社全体の業務がスピードアップします。

 


フリースペースが豊富なので書き込み自由自在

各日付に会社独自のイベントや計画を記載できるので、通常のカレンダーとしても活用可能。スペースに余裕があるので、込み入った情報まで掲載できるのが特徴です。

 

 

 

 

市販されないカレンダーなのでライバルを圧倒

実績のある経営コンサルタント竹内謙礼がオリジナルで作ったカレンダーなので、市販は一切されていません。キャッチコピー、文章術、販促企画のコンサルタントだから知っているノウハウをギッシリ詰め込んでいます。

日経MJ記事へ書籍販売ページへ書籍販売ページへ


ブランドインデックス 他

柿内ひとみ様

http://www.brand-index.jp/


カレンダーを購入したきっかけは何ですか?

以前から売れる販促企画のカレンダーがスゴイぞという噂を聞いていて、ずっと気になっていたんですが、その噂を聞いた時は既に夏・・・、市販されてない上に、販売期間が僅かとか。すぐ売り切れてしまうのを恐れて2010年版が予約開始されたと聞いた時は、もう慌てて申し込みました!

普通のカレンダーに比べて「これは便利」という点を教えていただけますか?

実践型のカレンダー、と言われていますが、本当にその通りですね!なんといっても、商戦ごとの準備スタート地点までも教えてくれるのが嬉しい!このおかげでSHOP構築&販促計画のスケジュールをしっかりと組めるようになりました。私は相当ズボラな性格ですので、カレンダーを手に入れる前は、よく商戦やイベントに出遅れて痛い思いをしたものです・・・。あと、このカレンダーが普通と違って凄いところが・・・トレンド予測情報。ドロップシッピングの運営上、こういう情報入手はとても重宝すると思います。1ヵ月ごとに具体的な販促企画の実例ヒントが書いてある点も、ハッとさせられて大変魅力的です。
ホントに、ネットショップ運営には力強い先生のような存在です!

DSをやる上で、カレンダーで具体的に売上に活用できた事例

それまではドロップシッピングの商品選定は、売れているものを後追いという感じで適当に選んでいたのですが・・・、このカレンダーのおかげで数ヶ月前からじっくりと商品を選定しSHOP構築できるようになりました。また、新規SHOP構築の時期を、SEO対策面で丁度良いタイミングに合わせられるようになった(商戦時期にgoogleハネムーンをぶつける等)おかげで、PPC広告にかける費用がグーンと減り、純利益がドンと上がりました!今では殆どPPCをかけずに月1000万以上の売り上げを出せるようになりました。
とはいえSEO対策で成功したSHOPの商品需要にも寿命がありますので、いつまで続くか・・・ちょっと焦ります、だから来年の最新カレンダーも見逃せません!

これからカレンダーを買うDS利用者に対して、何かひとことお願いします。

手に入れたら、ぜひパソコンの前の壁に張るのをお勧めします!ドロップシッピングは大抵家で1人で作業しますから・・・ついつい甘い管理になってしまうんですよね。でもカレンダーに書き込みできるスペースがあるので、そこに今日やるべきことを書き込んでおくと、驚くほどに計画性のあるショップ運用ができるようになりますよ♪特にメルマガ発行日は記録することをお勧めします。適度な間隔を開けるよう調整できますし、給料日やボーナス支給日に合わせたりイベントに合わせた商品選定もでき、メルマガの効果をよりアップさせる事ができるかも!

さらに2011年カレンダーはココがパワーアップ!

●貴重な販促データをさらに充実

カレンダーに付随するレジュメには、1年間の「日経MJ」から収集した代表的なデータを網羅。また、今年は実践に役立つ情報をさらに充実。

  • 2010〜2011年に意外性で話題になったグッズリスト
  • ヤフー・グーグルの提携によるSEO対策最新情報
  • ドロップシッピング2011年の傾向と対策
  • 天気関連のビジネス法則
  • 過去のヒット商品「ベスト30」から学ぶ2011年のヒット商品予測
  • 旅行グッズ、ドライブグッズ売れるものリスト

これらの販促に役立つ情報を惜しみもなく公開。

 

さらに特別特典!

竹内謙礼が2011年を大予測!
「2011年の売れる企画とキャッチコピー作りの徹底攻略セミナー」
70分オリジナル音声CD&テキスト付

 

カレンダーに記載された販促企画やキャッチコピーをさらに生かすために、細かい指導や解説をした講演「2011年の売れる企画とキャッチコピー作りの徹底攻略セミナー」の音声CDを、このオリジナルカレンダーにお付けします。カレンダーに記載した各月の販促企画の注意点だけではなく、書ききれなかったノウハウも含めて紹介。さらに、セミナーを聞きながら注意点が書き込めるオリジナルテキストもつけるので、カレンダーに直接書き込まなくても音声CDを聴講しながらメモを取ることが可能です。また、1月から12月までセレクト聴講が可能なので、必要に応じて情報をピックアップすることが可能です。

■販売価格

竹内謙礼の2011年「売れる販促企画・キャッチコピーカレンダー」

音声CD付き

 

定価:17,800円

(税・送料・代引手数料全て込み)

 

発行履歴(アーカイヴ)

これまでに発行したカレンダーを全てご覧いただくことができます。
(但し2017年度版以外の販売は終了しておりますのでご了承下さい。)